2013年1月19日土曜日

JavaFX入門

Pythonをやろうと思っていたはずが,JavaFXの勉強を始めていました.
今年も興味がうつろいやすそうです.「うつろわざるもの」になりたい.

JavaFXは,AWTやSwingのようなJavaのGUIフレームワークです.
ちょっとマルチプラットフォームでGUIのあるツールを作りたくなったため,触ってみました.

もっともシンプルなコード(Simple.java)はこんな感じ.
import javafx.application.Application;
import javafx.scene.Group;
import javafx.scene.Scene;
import javafx.stage.Stage;

public class Simple extends Application {
    public static void main(String [] args){
        launch(args);
    }

    public void start(Stage primaryStage) throws Exception {
        primaryStage.setScene(new Scene(new Group()));
        // Macでは幅と高さを指定しておかないとウィンドウが見えない
        // primaryStage.setWidth(100);
        // primaryStage.setHeight(100);
        primaryStage.show();
    }
}

で,これをコンパイルするためにはJavaFXのjarをクラスパスに追加する必要があります.
JavaFXはJava SE 7からは付いてきているようなので,最新版のJava SEを入れれば入っています.

Windows
Javaのインストールフォルダ\jre\lib\jfxrt.jar

Mac
`/usr/libexec/java_home`/jre/lib/jfxrt.jar

このパスをクラスパスに追加してJavaを実行すれば,ウィンドウが表示されます.

JavaFXでは,WPFのXAMLのようにFXMLというXMLでGUIを記述できます.
さらに,GUIをWYSIWYGエディタで作成できるJavaFX Scene Builderも提供されています.
上の例をFXML(Simple.fxml)で書くとこんな感じ.

<?xml version = "1.0"?>
<?import javafx.scene.Scene?>
<?import javafx.scene.Group?>
<Scene width = "100" height = "100">
  <Group />
</Scene>

上のコードと比較して何となく気付くかもしれませんが,オブジェクト間の関係と
XMLの入れ子関係が関連しているようです.
import文はXMLのProcessing Instructionとして指定するようです.

このFXMLのファイルを先ほどのクラスと同じ階層に置いて,
このファイルを使ってウィンドウを表示するコードは次のような感じに.

import javafx.application.Application;
import javafx.fxml.FXMLLoader;
import javafx.scene.Group;
import javafx.scene.Scene;
import javafx.stage.Stage;

public class Simple extends Application {
    public static void main(String [] args){
        launch(args);
    }

    public void start(Stage primaryStage) throws Exception {
        primaryStage.setScene(
            (Scene)FXMLoader.load(
                getClass().getResource("Simple.fxml")));
        // Macでは幅と高さを指定しておかないとウィンドウが見えない
        // primaryStage.setWidth(100);
        // primaryStage.setHeight(100);
        primaryStage.show();
    }
}

FXMLLoaderというのが提供されているわけです.
getClass().getResource("Simple.fxml")はこのクラスのある場所から指定した
リソース(この場合ファイル)のパスを取得してくれるメソッドのようです.

他にもCSSで見た目を変えられる機能もあるようなので,つい色々試したくなってきます.
目的のツールを作ることを忘れてしまいそう.

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを投稿